食中毒の予防と対策について

食中毒の原因菌には色々な物質があります。
細菌、ウィルス、自然毒、化学物質などで発症原因のほとんどが細菌やウィルスとなります。
細菌性のものは春頃から夏の暖かい季節が多く感染型と毒素型に分かれます。
感染や増殖をした食べ物が体内に入り発症します。
サルモネラ菌、病原性大腸菌、腸炎ビブリオなどは肉や魚介類に生息していることが多く、黄色ブドウ球菌は人の皮膚などで生息していて、人を介して感染します。
ノロウィルスやロタウィルスは感染力が非常に強い為、多くの人に感染する可能性があります。
潜伏期間や症状は感染した菌などにより発症時間が異なります。
食中毒の症状は主に腹痛、嘔吐、下痢、発熱などで感染した菌やウィルスによっては重症化することもあるので注意が必要です。
食中毒は加熱処理や適切な管理をすることにより予防が可能になります。
調理器具を清潔に洗う、肉や魚介類は良く加熱する、手などは良く洗う、食材は適切な温度で管理しましょう。
感染しない為に予防には気を付けましょう。